好きなもの・いろんなこと・のほほんな日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 小春
 
[スポンサー広告
乗り越す
本を読んでいたら、乗り過ごしてしまいました。
車の夫と待ち合わせしていたのに、気がついたら次の駅。あちゃ~。
「ごめん、一つ先の駅に来て~」と連絡。
乗り越した理由がこれ↓。
    
甲子園への遺言
伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯
講談社文庫

年末に何か読みたくて、でも本を選ぶのは苦手なので手っ取り早く野球の本。
バイトのお供にしたくて文庫にしました。

本に関して、私の場合
①古本・借りる
②文庫
③どうてもすぐ読みたい本
④どうしても表紙が気に入った場合にハードカバー
という順序なのです。
④に関しては今までで山田詠美の「放課後の音符」だけだったような。
②は文庫になるのを待っていると、読みたかった本を忘れてしまうんですけどね(笑)

内容はテレビ化されたようだし、かなり興味深いのですが
この作者、いちいち何かに喩えていて読み進みにくい!
しかも表現がちょっと古い・・・。

打撃コーチの本だけあって、指導のことが書かれている場面で
なるほど、なるほどと地下鉄で小さく手を動かしてみたりしていたら
乗り越してしまったわけです(笑)

この方はプロ野球界に身を置いて、その後50代で高校の先生になり
全国制覇を夢見て志半ばで亡くなってしまわれました。
50代になって目標を持って、成就させるという気持ちの強さに圧倒されています。
読み進めるのが楽しみです♪

Posted by 小春
comment:0  
[いろいろなこと
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。